腰痛マットレス|私のお勧めはなんと言っても高反発のコレ!

お勧めの腰痛マットレスを「高価格帯」「中価格帯」「低価格帯」と3つの価格帯に分けてご紹介

こんにちは、最新の“ヘルスケア情報”をお伝えする[R★Style]の横山です。

今回は、お勧めの腰痛マットレスを「高価格帯」「中価格帯」「低価格帯」と3つの価格帯に分けて、ご紹介したいと思います。

腰痛マットレスとは?

朝起きる時、背中の痛みや腰痛を感じることはありませんか?

腰痛の経験がある人は、使っている寝具に問題があるかもしれません。

実は仕事・家事、育児など、毎日の生活の中で腰への負担は、思った以上にかかっていて、腰痛の原因がたくさん。

立っている時、腰に負担がかかり腰痛になるのは皆さんご存知だと思いますが、実は椅子に座っている時の方が腰への負担が大きく腰痛になりやすいんです。

デスクワークや車の運転では、前傾姿勢になるので、腰への負担がとっても大きく、腰痛になりやすいんですよ。

何と立ち仕事の1.85倍も負担がかかるというから驚きますよね。

腰痛に苦しむ人がとっても多いんです。

気が付かないうちに、腰に負担がかかって腰痛を引き起こしてしまいます。

腰痛を回復させるには、睡眠時の寝具が大切。

寝ている間に快適に過ごして十分な休息が取れるかどうかが、腰痛改善に大きな影響を与えます。

そこで活躍するのが、腰痛マットレスというわけです。

腰痛マットレスには低反発と高反発のタイプと、その中間に位置するものがあります。

低反発は体を包み込むような柔らかさが特徴ですが、反発力がないので体が沈み込み、腰への負担が大きくなってしまいます。

一方、高反発は体圧分散により、寝ている際に体を支える部分が腰に集中しないので、腰に優しくなっています。

また腰痛対策として、最近では体の向きを変える寝返りが注目されており、同じ姿勢で寝続けるよりも、より多く寝返りをすることが良いことだとされています。

寝返りをできるだけ多くし、体を支える負荷を分散させること大事で、寝返りをしやすくするには高反発のほうが適しているのです。

このいった分析に加え、腰痛に悩む人たちの声を元に、素晴らしい商品が開発されています。

自分の体に合ったマットレスを選んで、腰痛を改善しましょう。

腰痛マットレスの効果は?

腰痛対策のマットレスは、睡眠時に体をしっかりサポートしてくれるので、質の良い眠りを確保できます。

健康な人は寝ている間に、平均20~40回の寝返りを打つと言われていますが、敷布団やベッドのマットが適切でないと、この寝返りの際に腰に負担がかってしまい、そのため寝返り時に目が覚めて腰痛の原因になることも。

腰痛が原因で睡眠不足になってしまいますよね。

良い寝具は寝ている間の姿勢を正しく保って、体の負担を分散したり逃したりしてくれることから、寝返りしやすく、腰痛になりにくいのです。

起床時に腰痛で起きれないこともなくなるので、腰痛対策で湿布やコルセットなどを使っても、なかなか改善されなかったという経験がある方には、ぜひ腰痛マットレスを試してみてください。

腰痛マットレスを選ぶ時の注意点

最近は様々な特徴を持ったものが販売されていますが、選ぶ際には自分に合ったものを選びましょう。

チェックするのは使用環境。

ベッドと布団の両方で使えるものも多くありますが、中にはベッドでしか使えないといったものも。

ご自宅のお部屋の状況や、普段使っている寝具に合わせて選ぶ必要があります。

また畳の上で使用するという方は、押し入れへ収納することを考えて、軽量でコンパクトなものがおすすめ。

重たいものを押し入れに入れる時、腰痛がひどくなってしまうと大変ですからね。

腰痛の人向けのものは、中身が特殊素材でできていることが多く、どうしても重くなってしまいます。

しかし軽量化のものもありますので、腰痛対策としても、そうしたものを選びましょう。

高価格帯のお勧め腰痛マットレス

【13層やすらぎマットレス】

~高反発コイル~

<価格>
・シングルサイズ:98,000円
・セミダブルサイズ:108,000円
・ダブルサイズ:118,000円


高価格帯の腰痛マットレスの中で、お勧めは「13層やすらぎマットレス」になります。

ご覧のようにかなり厚みがあるのが特長で、腰痛の人でも、まるで雲の上に寝ているような心地よさを感じることができると言われています。


■最大級の厚み!13層の極厚27cm!

「13層やすらぎマットレス」の最大の特長は、何と言っても13層で27cmもの厚み!

コイルとウレタンがしっかり重なり合っていて、睡眠時の体をしっかりサポートしてくれるので、腰痛がラクになります。

使用しているポケットコイルは、国内最高品質の高反発コイルで、6.5インチあるので寝ている体をしっかりサポート。

腰痛の方でも安心してお休みいただけますよ。

また、このポケットコイルは通常のものより高い密度で配列しているので、寝ている時の安定感も抜群。

しっかりとした厚みと、層それぞれが体の負担を徹底的に逃してくれ、腰痛の人でも快適な睡眠を約束してくれるはずです。


■肌触りの良い極上の素材を使用!

片側にそれぞれ20mmずつの「クラウドMAXウレタン」を採用。

「クラウドMAXウレタン」とは、ラテックス素材とウレタン素材の良さを組み合わせたもの。

ラテックス素材は強い反発力が魅力ですが、素材がゴムなので肌触りが悪いという欠点がありました。

またウレタン素材は肌触りはいいのですが、柔らかすぎて体をサポートできず腰痛が悪化することも。

しかしこの「クラウドMAXウレタン」は、両方の良いとこだけをとって作られた特殊素材なので、肌触りが良くて、反発力があるので、腰痛の方の腰もしっかりサポート。

生産は国内の工場で、熟練の職人さんたちによって1枚1枚丁寧に作られています。


■4つの通気口

「13層やすらぎマットレス」はさすがに値段が高いだけあって、通気性も抜かりがありません。

側面に4つの通気口があります。

これは寝ている時にかかる体圧で、内部の空気が押し出されるようになっています。

そのため内部に湿気が溜まらないので、湿気やダニ防止に効果的。

いつでも清潔で使えるのは嬉しいですよね。


このように「13層やすらぎマットレス」は品質も最高で、腰痛持ちにとって至れり尽くせりの工夫が加わった商品になっています。

もし予算と使用環境が整うのであれば、間違いなく一番のお勧めです。



購入サイト

高反発コイル【13層やすらぎマットレス】の購入サイトはコチラ

中価格帯のお勧め腰痛マットレス

【モットン】

~高反発~

<価格>
・シングルサイズ:39,800円
・セミダブルサイズ:49,800円
・ダブルサイズ:59,800円


中価格帯の腰痛マットレスの中で、お勧めは「モットン」になります。

こちらの「モットン」は、現役32年間を中日ドラゴンズ一筋で活躍してきた球界のレジェンド「山本昌さん」愛用の、高反発マットレスになります。

まずは、発表記者会見の様子をご覧ください。



山本昌さんといえば、50歳まで1軍で現役を続けた有名な投手で、「プロ野球界のレジェンド」と呼ばれ、2016年に引退されました。

その後は名球会に選出されています。

現役時代から快適に眠るため、寝具には特にこだわっていたそうです。

そんな山本昌さんが選んだ「モットン」、一体どんなものなのか気になりますよね。

というわけで、その特徴を詳しくご紹介いたします。


■理想的な硬さのマットレス


モットンは睡眠時の寝返りに注目。

日本人は欧米人に比べると筋力が弱いため、寝返りの時に大きな力が必要になるので、腰痛の原因に。

腰痛対策としても、寝返りの時に負担が軽減できるマットレスを選ばなければなりませんね。

寝返りの回数は、マットの硬さや反発性によって変わってきます。

一般的な布団や低反発マットレスの場合は、不要な寝返りが増えるので注意が必要です。

不要というのは、寝返りの際に首や腰にねじが生じた状態での寝返りです。

こうなると首や腰に負担をかけるだけでなく、睡眠自体の質も下げてしまいます。

モットンであれば体圧分散に優れており、寝返りを打っても体を均等に持ち上げてくれますので、背骨のラインが綺麗で腰に負担がかからないのです。


■睡眠時の姿勢が一直線に

横になって寝ていると、どうしても体の重たい部分が沈みこむため、歪んだ姿勢で眠ることになり、腰痛の原因になります。

たとえば硬すぎる高反発だと、反発力で胸と腰が上がってしまい、腰痛がひどくなることも。

一方、低反発だと反発力がないので柔らかすぎて、体がサポートされず、こちらも腰痛の原因に。

モットンは体を均等に持ち上げるようにしているので、首から腰までの背骨が一直線になるようにできています。

まさに睡眠時の理想的な姿勢を作り上げているので、腰痛の人はとても快適に眠ることができるでしょう。


■高い耐久性で寿命が長い

敷布団の寿命は約5年。

布団は毎日使うものなので、使っていくうちに弾力性がなくなり、日に日に薄くなってしまいますよね。

ところがモットンの寿命は、何と敷布団の3倍!

耐久試験の結果、普通の敷布団では8万回の寝返りを打つと約3割もへたってしまいましたが、モットンはわずか3.9%へたるだけ。

8万回というと、1日に20回の寝返りを打ったとして、約11年間分の寝返りということに。

モットンの耐久性は非常に高く、10年以上使用しても高い性能を維持できます。


■体重に合わせて硬さをチョイス

モットンは腰痛対策として開発されたマットレスですので、体重に合わせた3種類の硬さが用意されてます。

・100N(体重45kg以下の方)

・140N(体重45kg~80kgの方)

・170N(体重80kg以上の方)

もちろんこの中からお好みで選ぶこともできます。

数値の高いものほど、硬くなっていますので、体重が軽くても硬めが好きな方は、140Nや170Nをお選びください。


■畳やフローリングの上に直接置いてもOKだし収納も可能!

モットンだったらベッドがなくても、畳やフローリングの上に直接置くことができます。

しかも2つ折り、もしくは3つ折りにすることもできるので、押し入れに収納することもできるんです。

収納するときは付属のバンドを使うと、簡単にコンパクトにすることができます。

利便性もしっかり考えられいるのも、モットンの良さでもあります。




購入サイト

高反発マットレス【モットン】の購入サイトはコチラ

低価格帯のお勧め腰痛マットレス

【オクタスプリング】

~新開発3Dウレタンスプリング~


<価格>
・シングルサイズ:19,800円
・セミダブルサイズ:24,800円
・ダブルサイズ:29,800円


低価格帯の腰痛マットレスの中で、お勧めは「オクタスプリング」になります。


■新開発3Dウレタンスプリング

「オクタスプリング」は世界で販売枚数が400万枚を突破した大人気商品。

人気の秘密は、これまでの常識を変えた独自のスプリング構造にあります。

低価格帯の高反発マットレスにも「金属スプリングタイプ」と「ウレタンフォームタイプ」が存在してましたが、それぞれ欠点がありました。

低価格帯の「金属スプリングタイプ」では金属特有の硬さが、腰痛の原因に。

また低価格帯の「ウレタンフォームタイプ」では体にフィットする代わり、素材の特性から通気性が悪く、中が蒸れることも。

こうした従来の問題点を解決し、3Dウレタンスプリングという腰痛のための新商品を開発したのです。


この3Dウレタンスプリングを作ったのは、世界的に有名な開発者ウィリー・ポッペという方です。

ウィリーさんは金属とウレタンの良いところを合わせ、蜂の巣状の「ハニカム構造」を採用。

どんな体勢で寝ても体にしっかりフィットし、腰痛をサポートしてくれる弾力性を持っていて、それに加えて通気性も兼ね備えた、全く新しいタイプのマットレスと言えるでしょう。


■使い方が自由自在

どんな体勢にもフィットして腰痛をサポートしてくれるように設計されているので、寝つきが悪い方、寝返りをうっても夜中に目覚める方は、腰痛で悩んでいる方は、快適に眠ることができるでしょう。

また起床時の腰痛でお悩みの方にもピッタリです。

設置は軽いがゆえにとても簡単で、ご自宅の環境やお好みに合わせてお使いいただけます。

たとえば布団派の方なら、敷布団の上に敷いて使用して下さい。

または畳の上にそのまま敷いてもかまいません。

軽量なので、毎日押し入れにしまうのもラクラクなので、腰痛の方でも心配ありません。

ベッド派の方なら、今お使いのベッドに敷くだけです。

6万回の耐久テストにも耐えるほどの、耐久性にも優れているので、長く使うことができるマットレスになっています。


■世界中で愛用

「オクタスプリング」は発売以来、世界的な大人気となり、イタリアの5つ星ホテル「アルピナホテル」では全室のベッドで採用されています。

また独自のハニカム構造は、飛行機の座席シートにも採用され、「CRYSTAL CABIN AWARD」という航空機のインテリアを評価する国際賞も受賞。

飛行機は長時間座りっぱなしなので、腰痛になりやすいですからね。

このように世界中でファンの多い「オクタスプリング」、腰痛のための、その性能については既にお墨付きというわけです。




購入サイト

新開発3Dウレタンスプリングマットレス【オクタスプリング】の購入サイトはコチラ

まとめ

今回は価格帯別に、お勧めの腰痛対策マットレスをご紹介させていただきました。

ぐっすり眠ることができる睡眠環境があってこそ1日の活力が生まれます。 どうぞ使用環境や使い勝手の良し悪し、そしてお財布事情にあわせて選んでみてください。


【13層やすらぎマットレス】
98,000円~118,000円


【モットン】
39,800円~59,800円


【オクタスプリング】
19,800円~29,800円



■LINK■